スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TAB譜からの卒業

今日は、初心者講座ではなく、個人的に思うことを
書いてみたいと思います。

TAB譜についての考え方です。


TAB譜って、どの弦をピッキングすればいいか一目でわかるように
書かれているため、初心者にとってはものすごく重宝するものです。


教則本に限らず、バンドスコアを買っても大抵はTAB譜が付いているため、
書かれている通りに演奏できれば、それだけでプロのベースラインを
再現できるのですから、考えてみると、TAB譜って、実はものすごい
発明だと思うんですよね。


私自身、ベースを始めて間もない時は、TAB譜どおりにひけた途端
「俺って才能あるんじゃね?(笑)」
などと、一人でテンションをあげていました^^;


ただ、TAB譜を見てベースが弾けるようになる、ということは、
実は、それがようやくスタートラインに立てた、ということなんですね。


本当にベースを愛していて、ライブでオリジナルの曲をガンガン演奏したいと
考えているのであれば、遅かれ早かれ、TAB譜を離れて行く必要があります。


それは、TABのみだとどうしても既存曲をなぞるだけのプレイになってしまうため、
オリジナルのベースラインを追求しようと考えると、どうしてもTABを見ながらだけでは
限界が来てしまうからなんですね。


先日、マキシマムザホルモンのスコアを読んでいたら、
ベーシストである上ちゃんが、曲解説で、
簡単な曲は耳コピしよう、慣れたらオリジナルのベースラインに
アレンジしよう、といったことをおっしゃっていました。


守破離、という言葉があります。
一芸を身につけるための方法を表した言葉です。


まずは、守る。
先輩のベースラインや、プレイを研究して、それをそっくりまねする。


次に、破る。
今まで守ってきたプレイやテクニックを、あえて崩して、
自分のスタイルを追求していく。


最後に、離れる。
自分のスタイルを確立することによって、先輩、師の教えを皆伝して
本当の自分のプレイを生み出す。


そういった視点で見てみると、TAB譜どおりの演奏、というものは、
「守」の段階である、ということなんですね。
まだこれから破り、離れていく必要があるというわけです。


もちろん、TAB譜の存在を否定するつもりは全くありません。
私自身現時点でがっつり活用していますし、そもそもTAB譜が
なければ、ろくに楽譜も読めずに挫折していたかもしれません(笑)


一見すると、難しそうかな?
と思いがちなベース、ギターの演奏というものを
簡潔に表現し、初心者でも気軽に演奏できるようになるという点で、
TAB譜が非常に優れているということは、まったくもって事実だと思います。


ですが、それはあくまでも通過点。
自分だけのプレイを確立するための練習として、
活用していくのがいいのかな、とそんなことを思いました。

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

Secret

検索フォーム
人気ブログランキング
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。