スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プレジションベースとは

プレジションベース、略してプレべとは、
1951年にフェンダー社より発売された、
もっともオーソドックスなベースの一つです。
プレジションベースの特徴を一言で言うと、


シンプルで力強いサウンドのベース


ということができるでしょう。
これから、ちょっとした用語の解説を行っていきますが、
はっきりいって初心者の方はちんぷんかんぷん
(私もまだ何となくしかわかりません^^;)
だとおもうので、とりあえずシンプルなのがプレべ、
というとらえ方で大丈夫だと思います。


で、ここから少しマニアックな用語解説に入るのですが、
プレべのライバルであるジャズベースとの比較をしますと、


ピックアップがジャズベースがふたつであるのに対しプレべは一つ。
コントロールがジャズべは三つあるのに対しプレべは二つ。


このあたりが大きな特徴になりますね。


ピックアップとは、弦の振動を拾って電気信号として、音色を増幅させてくれるもの。
コントロールとは、音量や音色を調整するつまみのことを言います。


つまり、こうした音色に関連するアイテムの数が多いのがジャズべ、
少ないのがプレべ、という風に考えることができますね。


こうして考えてみると、
え、じゃあジャズべの方がいいんじゃね?
と思う方もいらっしゃるかもしれません。


ところが、プレジションベースの特徴であり、最大の魅力であるのが
「シンプルゆえに表現できる、力強いサウンド」
なのです。


ピックアップも少ないし、コントロールの数も少ない。
だからこそ、プレジションベースから放たれる音色は
率直で、シンプルながらも力強いものなのです。


加工されずに、弦の振動がそのままアンプから出てくる、
それがプレジションベースの醍醐味ではないでしょうか。


以上が、大まかなプレジションベースの特徴になります。


ちなみに、そのシンプルで力強い音色であるゆえに
ロックやパンクといった激しいのジャンルの音楽と相性が良く、
ロックバンドのベーシストにプレべの愛好者が多いです。


かくいう私も、好きなバンドのベーシストの多くがプレべを
愛用していた、というすごく単純な理由でプレべを購入しました^^;


これから初めての一本を買うという方には、音色の特徴がどうこうというよりは、
好きなバンドのベーシストがどんなベースを使っているかを調べて、
同じ種類のものを買うという選択肢が迷いもなく、いいのかもしれません。


そこから自分の好みを深く掘り下げて、将来的に最愛の一本を見つけることが
できれば、最高ではないでしょうか。

comment

Secret

検索フォーム
人気ブログランキング
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。