スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベースの種類

ベースと一言にいっても、
さまざまなタイプのベースが存在します。

今回は、そのベースの種類についてみてみましょう。
ベースの種類に関しては、大きく言えば
まず、

「ジャズベース」



「プレジションベース」

の2種類が
圧倒的なシェアを誇っています。


50年以上前に世界ギター系楽器メーカー最大手のフェンダー社から
ジャズベースと
プレジションベースが発売されて以降、
圧倒的な人気を博し、

それ以降多くの
楽器制作会社がジャズベースモデル、プレジションベースモデルの
ベースを作成してきました。


だから、初心者の方がベースを選ぶ際は、
ジャズベースかプレジションベースのどちらか、
という点で悩む方が多いみたいですね。


そして実際に、この二つのタイプは非常に種類も多く
低価格帯の入門用ベースからプロが愛用するレベルの
非常に高水準なものまで、さまざまなものがあるので、


とりあえず最初の一本にどちらかを、というのは
間違いではないと思います。


基本的には、シンプルで力強いサウンドがプレジションベース、
オールマイティでさまざまなジャンルに対応できるのがジャズベースと
考えておいてください。


そのほかの種類としては、
リッケンバッカー、サンダーバード、スティングレイ

さらには弦が5本、6本とある多弦ベースなど、
さまざまなものが存在します。


長くベースを愛して、生涯における最高の一本を
いずれは見つけられるといいですね。


別の記事で、それぞれ詳細な紹介を書いておきますので、
よろしければそちらも参考にされてくださいね。

comment

Secret

検索フォーム
人気ブログランキング
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。